kenkenの気ままブログ

ジャックラッセルテリア2匹との生活や個人的なブログです

手術、と書くと大げさになりますが。。。

先に書いておきます、ルルたんはいたって元気健康です(´∀`)

事の経緯です。


4月。

毎年恒例の狂犬病予防接種とフィラリア検査に動物病院へ。
二匹ともお注射&血液検査。

病院嫌いなジャックんは、診察台に乗せられたらガクブル、
いつものごとく先生に「デリケートな犬ね」とほめられたことは置いといて。

何か気になることある?の先生に対し、嫁様が以前から気になっていた「ルルの目の上のホクロらしきものが大きくなっている」と言うのを伝え、診察。

先生も、検査してみないと何とも・・・なので、切除して病理検査に出そうってことに。
手術は連休明けにしようってことで決定。

117


5月。

手術当日、前夜から食事制限で腹ペコのルルたんを病院へ連れて行き術前検査。もちろん異常なし。
そのまま預け、6時間後に術後のルルたんをお迎え。

切っているのが瞼の上辺りなので痛々しい。。。

で、1週間後抜糸。
その日に検査結果も貰いました。

結果は問題なし。(⌒∇⌒)

ただし、将来メラノーマ的なもの(皮膚がん?)になりえる可能性もあるかもとの見解が書いてあったので、先生も早めに取ってよかったかもねってことで、この件は終了となりました。

068

まだ切除痕が残ってるルルたん。

ほんっと、なんも無くて良かった(´・ω・`)

記事を書いてたかと思いきや、書いてなかったので。

いや、大した話ではないのですが・・・

2019年4月30日、平成最後の日をまったりと過ごしていた我が家。

そして、まったりと令和初日を迎えるはずだったのに、

5月1日、0時ジャストに、まさかの


花火!! (゚∇゚ ;)エッ!?
どどどど、どかーん Σ('◇'*)エェッ!?

感の良い方はお気づきかもしれませんが、

犬達パニック!!Σ(゚д゚;)

なんでも市長の粋なはからいで、サプライズで花火上げたんだってさ( ・Д・)

犬達にはありがたくないサプライズで迎えた令和初日でした(_´Д`) アイーン

ふてくされてるルルたん(笑)
062

大型連休も、あっという間に終わり、なんだかやる気のない日々が続き気付いたら6月。
5月病か???

というわけでブログも放置気味。
なるべくこっちも書くようにしなくてはと思う次第ではありますが('A`|||)

とりあえず、6月っぽいかなってことで、こんな画像。

お気に入りの我が家のアジサイ。
今年は、いー具合に花がついたので。

069

070

072

073

074

078

079


4種類ぐらい?らしいけど、種類はわからないので奥様に聞いておこう(´・ω・`)



6年前の今日、ジャックんがウチの子になりました(^∀^)

いろんなとこで何度も書いているかも知れませんんが・・・

ジャックんとの出会いは、たまたま寄ったホームセンターのペットショップコーナーで、私が一目ぼれしてしまったのがはじまり。

そのうち犬は飼う予定で、隣県にビーグルのブリーダーがいるから会いに行こうかなどと話していた矢先のジャックラッセルテリア Σ('◇'*)エェッ!?

その日だったか次の日だったかは忘れましたが、嫁様を連れ再度店を訪ね、その犬の事を店員さんと話しこみ、もう少し考えさせて下さいと家で緊急会議。これを2日間くらいしただろうか?

そんなこんなで、意外といろいろ考えた末にウチの子となったジャックん。

しかし、このころはホントかわいかったな~~、まだパピーだもんね~

 ↓6年前
009



そして現在のジャックん。
022

人間で言うとこの、もうおっさんの領域。
でも甘えん坊なんだよね~

まぁ、これからもよろしく哀愁!!

嫁様が前売り券を買っていて、私以外のお友達と行く予定だったのですが、お相手側の急用によるドタキャンや、嫁様が腰を痛めてドタキャン等などあり、行くタイミングと同行者の予定がつかず、このまましててももったいないってことで私が行くことに・・・(苦笑)

てことで、前置き長くなりましたが行ってきました。4月の終わりに。
連休中ってことで多かった多かった。。。

で、「古代アンデステ文明展」とはなんぞやってことですが、

南米大陸の太平洋岸に展開した、時間的にも空間的にもあまりに巨大で複雑な文明の全体像を、私たちはまだほとんど知りません。時間的には先史時代から16世紀にスペイン人がインカ帝国を滅ぼすまでの約15000年間、空間的には南北4000km、標高差4500mに及ぶ広大な地域で、ナスカ、モチェ、ティワナクなど多種多様な文化が盛衰を繰り返しました。今回の特別展「古代アンデス文明展」では、いくつもの文化が連なり、影響を与え合う中で育まれた神々の神話や儀礼、神殿やピラミッドをつくり上げる優れた技術、厳しくも多彩な自然環境に適応した独自の生活様式などを、アンデス文明を代表する9つの文化と選び抜かれた約200点の貴重な資料によって明らかにします。
※パンフレットより

この辺りの時代のものを展示していました。

002

003

004

005

007

展示会場の前半部は、ほぼ写真はOKです。
ただフラッシュや動画はNGとのこと。

後半部は写真もNG。貴重なものなので劣化等に配慮していると思われますが、
まぁ、普通は写真NGだわな、だってミイラ展示してるし・・・。

エジプト展とかは行ったことあるけど、アンデスはまたちょっと違いますね。
基本的な知識も持たずだったので、結構難しかったです(汗)

↑このページのトップヘ